Sponsored Link

Top オール電化住宅 ;>蓄熱電気暖房器

2007年05月07日

蓄熱電気暖房器

オール電化住宅・蓄熱電気暖房器特集です。
オール電化住宅での暖房ですと、家事の心配がないのがいちばんですね。
知り合いの方で、
ご主人が足が不自由な身体障害者だったんですが、
奥さんが買い物に出かけていた間に、
布団での寝タバコで火事を起こした方がいました。
かわいそうに、ご主人は足が不自由だったので、
逃げ出すことができなかったそうです。 


我が家には子どもがいますが、
2階の子ども部屋に石油ストーブは置きません。

夜や友達が遊びに来たときなどに、
ストーブを倒したり、
一酸化炭素中毒になどなったら大変です(涙)!

だから2階の子ども部屋には、
コタツ(笑)を置いています。

ま〜、なるべく1階のリビングに、
親の目の届く1階にいさせるようにしておきたいです(笑)。


さて、
オール電化住宅、つまり電気による暖房には、
電気式床暖房や蓄熱式電気暖房器、省エネエアコン、全館空調システムがありますね。

省エネエアコンは、パワフルにすばやくお部屋を暖められますね。
電気式床暖房ですと、
輻射(ふくしゃ)熱の効果で、部屋全体を均一に、
ホワ〜ッとしたあたたかさが広がりますね。
空気を汚さないし、いやなにおいもでませんので、
あったかいし、クリーンで人気ですよね。

全館空調システムですと、
浴室やトイレまで冷暖房できるそうです!
すごい!
今は浴室に入ったときに寒くないように、
浴室を暖める機能をつけることもできますものね。
また冬のトイレは、ひんやりしますしね(笑)。

ところで、この蓄熱式電気暖房器は、
冬中毎日、ず〜っとやさしいあたたかさがほしいな〜(笑)という人向けです。

蓄熱式電気暖房器は、
輻射熱と自然対流による暖房です。
そのため、24時間いつでもあたたかいお家にです♪

灯油を燃やすような、”燃焼”がないので、
静かですし、
空気も汚れずクリーン、
しかも灯油を買ってくる手間もいりません!


さてこれは
ラッセル 蓄熱電気暖房器です。
DM−3000HJG
(6帖〜8帖程度)
【標準型・ファンタイプ・マイコン機能・追焚き機能】

蓄熱電気暖房器は、
他の暖房機器に比べると暖房効率が高いです。

蓄熱体に蓄えられた熱が輻射熱となって、
床から天井まで、お部屋全体を暖めるんですね。
ホワ〜ッとした、快適なあたたかさで心地よく暮らせますね!

家に長くいることも多い主婦や年配のご夫婦には、いいですね。
子どもが帰ってきても暖かいし、
他の子どもたちが遊びに来ても、火事の心配がないから安全・安心♪
自宅介護する場合も、
家があたたかいし、火事の心配がないというのは何よりです。

割安な夜間電力を使って夜の間に蓄熱するので、
灯油やガスに比べても経済的です。
マイコン割引でさらにお安くなります。

省エネ・省コストです。



これは、
蓄熱式電気暖房器 ちくだんです。
時間帯別電灯契約の場合、夜間自動蓄熱運転が可能です。

輻射熱と対流の「ちくだん」は、
24時間、まるで小春日和の暖かさ(笑)です。


1 輻射暖房だから快適さが違います。
空気の流れを感じさせない輻射と自然対流式の暖房ですから、
室内の温度差がありません。
窓際に「ちくだん」を設置すると、
窓面の結露やコールドドラフトの発生を抑えることができます。

2 無駄なくためて、やさしく放熱。
"ここちよさ"だけでなく、"安眠"もお届けします。
しかも、お花やペットにもやさしい暖房システムです。

3 灯油暖房と同等の経済性です!
しかも24時間暖房です。
(オール電化なら、よりお得です。)

夜間電力(深夜電力契約・時間帯別電灯契約)は、
昼間電力の約1/3〜1/5です。(電力量料金)

4 電気暖房だから、とても安全です。
燃焼部分がないため、
一酸化、二酸化炭素中毒、酸欠がありません!(こわいですね)高断熱・高気密化住宅に最適です。

5 音が静かです。

6 すぐれた蓄熱材により、長寿命です。
抜群の蓄熱効率を発揮するマグネシア蓄熱材(マグネシア92%以上焼結温度1700℃)を採用しているので、
熱のストレスに強く、20年以上の高い耐久性を誇ります。

蓄熱式電気暖房器は築熱材が生命です。
暖かさは蓄熱材から始まります。

7 蓄熱サーモ・放熱サーモ内蔵型です。
自在に温度の設定変更が可能です。

8 タイマー内臓型・マイコン制御型もあります。
時間帯別電灯契約の場合、夜間自動蓄熱運転が可能です。




「オール電化・ガスからIHクッキングヒーターへ」のトップページに戻る




posted by オール電化 at 06:07 | オール電化住宅

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。