Sponsored Link

2007年05月08日

温水洗浄便座

温水洗浄便座の特集です。
オール電化生活でも、温水洗浄便座がシステムキッチンを抜いての人気なんですね!
昔はトイレ便座に便座カバーをつけて、
冬のお尻の寒さを防いでいましたが(笑)、
今は暖房便座があるからお尻があったかくっていいですよね〜。

それにただの洗浄便座でお尻をキレイにしてくれるのではなく、
温水便座ですから、
あの生暖かいお湯のぬるさが気持ちいいですよね〜(爆)。

昔、ヨーロッパに仕事でよく出かけていたとき、
イタリアやパリのホテルですと、
トイレが一緒になったバスルームに、
ビデが設置されていました。

その頃はまだ、
日本でも温水洗浄便座がでていませんでしたので、
ビデの気持ちよさがよくわかりませんでした。

イタリア人やフランス人のようなラテン系の女性たちは、
こんなビデで洗うんだ!
と、驚いたものです。

日本人は紙でお尻の始末をしますから、
左手で水をかけて洗ったり、ビデで洗ったりすることが、
つまり手で直接性器に触れるというのが、
驚きであったんですね(笑)。

今では、生理時に紙ではなく、お湯で洗うことの気持ちよさ、
清潔さがわかりますが。


さてこれは、
TOTO 温水洗浄便座(SBシリーズ)です。

【この温水便座のメリットは♪】

@大きくて見やすいスイッチ、簡単操作のスイッチです。
今までの温水洗浄便座よりも、スイッチをひとまわり大きなサイズにしました。
またスイッチを押すたびに電子音で合図しますので、
スイッチがちゃんと押されたかどうかがわかります。

さらに、
「止」スイッチにLEDを使っているので、
幼児やお年寄りにもわかりやすいスイッチになっています。


A洗浄位置の調節ができます♪

ノズルを自分の好みの位置に調節できます。
スイッチひとつで、前後の微調節が行えます。


B自動的に、臭いをぐんぐん吸い込みます。

オートパワー脱臭の機能がついていますので、
便座から立ち上がると”強力脱臭”に切り替わり、
においを残しません。
においをしっかり取り除くので、
使用中はもちろん、後の人も快適に使用できます。
(コレ、けっこう助かりますね。
私は子どもがウンチするとき、一緒にトイレの中に入っていることが多いので(苦笑)、臭いのないのは助かります)


Cおまかせ節電でかしこく節電、電気代もお得です。

「おまかせ節電」は、
あなたの生活パターンを学習して自動的に節電します!

ほとんど使わない時間帯は、便座の温度をヒヤッとしない温度まで下げて待機状態にします。
(へ〜、すごい!
実家の父はケチなので、
日中家族がいなくなると、暖房便座のスイッチを切ってしまうんです!
そうすると、スイッチを入れたり切ったりでヨケイに電気代がかかるのに(怒)!)


「タイマー節電」は、
毎日同じ時刻に自動的にヒーターを切って節電します。
節電時間は、3・6・9時間から選べます。


D便座・便ふたがソフト閉止します。

便座や便ふたがゆっくり閉じます。
不意にバタンと閉じることがありませんので、
子どもが指をはさむこともなく、安心ですね。


色は、パステルアイボリーです。
本体サイズは、幅 508 × 奥行 506 × 高さ 180 mmで、
重さは、5.3kgです。



これは、
ナショナル温水洗浄便座 ビューティ・トワレ(脱臭・温風乾燥機能付)です。

【ナショナル便座のメリット】

@清潔を追及した“ノズル滝洗浄”で、
「新・ステンレスノズル」になっています。

ステンレスだから、汚れがつきにくいのがなによりいいですね!
プラスチックのノズルって、
汚れがとれにくくていやだったんですが(苦笑)、
ステンレスは台所のシンクにも採用されているくらいで、いいですよね〜。

しかも、自動でノズル滝洗浄してくれます♪
使用前、使用後、立ち上がり後の3回も、自動でノズル洗浄してくれます。


A“おまかせ節電”“8時間切タイマー”で、さらに省エネできます。

おまかせ節電では、
あなたの生活パターンを便座が学習して、自動的に節電します。

8時間切タイマーでは、
暖房便座だけでなく、貯湯タンクのヒーターへの通電もカットします。


B「脱臭&温風乾燥機能」が付いています。


ナショナル便座の標準寸法は、高さ18×幅47×奥行54cmです。
標準質量は、4.5kgです。

付属品は、
取付ボルト、分岐水栓、給水ホース、パッキンセット、結束バンドがついています。




「オール電化・ガスからIHクッキングヒーターへ」のトップページに戻る
posted by オール電化 at 04:59 | オール電化住宅

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。